学校の生活

Blog >> 記事詳細

2019/04/16

図工5年「こころとからだ」

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター210

奥村雄樹さんの「くうそうかいぼうがく」という作品を知っていますか。
まだ人体解剖図などにあまり触れていない4歳から7歳の子供に自分の体の中を想像して描いてもらうというワークショップを行っている現代作家です。
その作品を生かした制作をしました。
5年生は、心を色で表すことをきっかけにして、自分の体の中を想像して描きました。 
身体の中といっても、内臓や骨を描くわけではありません。 
自分の心や個性をみつめてほしいのです。 
自分の思いや願いを、色や形を工夫して表現することに取り組んでいきます。 
 よく考えて描いていました。

描くことで、新しい自分のよさに気付いてほしいです。
 

16:37 | 今日の出来事